目を開ける

小学校のプールで、もぐる事は出来るけれど、まだ目を開ける勇気がなかった長男。
今日初めて目を開けたそうで、大喜びで帰ってきたよ。
「水の中で目を開けたら、何か不思議な感じがしたよ。」って。
沈んだボールを拾うゲームをやっているらしく、ボールがぼやーっと見えたみたい。
早くいろんな人に言いたかったんだろうね。
もぐが帰ってくるのを心待ちにしていたよ。

「僕もね、今日幼稚園のプールで顔つけられたよ!」
と、誰も聞いていないのに、アピールをする次男。
「顔全部、水の中に入れられたの?」と聞いたら「ううん、鼻の下まで。」と言いながら沈むフリをしていたよ。
「なーんだ!」みたいなね(笑)。
「沈む時、お口はちゃんと閉めていないとダメなんだよ!」と、偉そうに長男と私に向かって語っていたよ。

長男は今、プールが大好きだそうで、毎回少しずつ何かが出来るようになるのが楽しいみたい。
次男は…とりあえず幼稚園のプールは今日でおしまいなので、夏休みにどこかで長男と一緒に特訓してみるかな。
ものすごく嫌がりそうだけれどね。
[PR]

by katamon | 2011-07-04 22:31 | child-rearing