読書

長男は幼稚園の頃から読む本といったらゲームの攻略本。
字は小さいし、漢字は多いしで読みにくいのに、真剣に読んでるんだ。
確かに本の内容はゲームだから、きっと読んでて楽しいんだろうね。
おかげでしょうもない知識ばかり頭に入って、ちょっと困っていた。

1年生になったので、そろそろ絵本ではなく、読書用の本を読むようになってもらいたいなーと思って、本屋に行ってはいろいろ薦めてみるものの、なかなか気に入ってくれない。
松谷みよ子さんや寺村輝夫さんの昔話の本は、私も小さい時良く読んだので、子供達にも…と思っているんだけれど、今ひとつ乗り気じゃないんだよね。

その長男が今日ちょっと立ち読みして気に入ったのが「ダンダンドンドンかいだんおばけ―おばけとなかよし」という本。
おばけといっても楽しいおばけなので恐くはないんだ。
でもちょっとドキドキ感があるからかな。
かなり気に入ったようで、何度も読んでいたよ。
こうやって少しずつ本を読んでくれると良いんだけれどね。

おばけなら寺村さんの「おばけのはなし」シリーズも面白いと思うんだけどなー(笑)。
[PR]

by katamon | 2012-01-05 22:59 | child-rearing