お店屋さんごっこ

幼稚園で今日「お店屋さんごっこ」があった。
各家庭からちり紙の空き箱、プリンのカップ、ラップの芯などの廃材を集めて、いろんなおもちゃを作り、各クラスでそれを売ったり、他クラスへ買いに行ったりする。
おもちゃ以外に大型ゲームも用意して、遊べるようにもなっているんだ。

ままごとのお金で売り買いをするんだけれど、「いらっしゃいませ」「やすいよ」「いくらですか」「ありがとうございました」等の言葉のやり取りや、お金の使い方を経験できる楽しいイベントなので、子供たちも大分前から楽しみにしていてね。

長男のクラスでは、大型ゲームは「射的」、おもちゃは「空飛ぶロケット」をやったらしく、長男はレジを担当したらしいよ。
園児は100円券と10円券を1枚ずつお財布に入れて、欲しいおもちゃ(100円)と好きなゲーム(10円)を探しに各クラスへ交代で行くみたい。
長男が買ったおもちゃは、年少クラスで売っていた「トントンすもう」。
お菓子の空き箱で作った土俵に、紙で作ったおすもうさん。
次男も一緒に遊べるので良かったよ。

最近長男が仲良くしている男の子も同じおもちゃを買ったらしくてね。
「手をつないで一緒に買いに行ったんだよ!」と嬉しそうに話してくれたよ。

園児たちだけの文化祭みたいで楽しそう。
良いお買い物が出来て良かったね。
[PR]

by katamon | 2010-02-05 23:42 | child-rearing