2009年 03月 12日 ( 1 )

私ですら分からない時も

最近少しずつ言葉がはっきりしてきた次男。
大好きな新幹線を「こんこん」と言っていたのが普通に「しんかんしぇん」と言うようになってきた。

そして次男はなぜか語尾を言う癖があって、イチゴやリンゴを「ご!」、「ありがとう」は「と!」、「ごめんなさい」は「しゃい!」と言う。
他人様にはかなり分かりづらい。

それでも毎日一緒にいる私は何を言っているか大体分かる。
だからウチの母親が来た時は通訳状態。
早く普通に話せるようになって欲しいもんだよ。

今朝、うさぎの人形を持ってきて「うしゃぎしゃん」と言った。
うん、うん。合ってるよ。
その後「おーしゃん!」と言った。
おーしゃん?なんだっけ…と悩んでいたら、何度も何度も「おーしゃん!」と叫ぶ。
「ごめん。おーしゃんって分からないよ。」と言ったら、「ぞうさん」のメロディーで「おーしゃん、おーしゃん♪」と歌い出してようやく理解。
そうそう、この子の「おーしゃん」は「ぞうさん」の事だった。

わからねーよ!(笑)

おやつにイチゴを出したら、「ご~っ、ご~っ」と喜んで食べ、「ま!」と言いながら空のお皿を持ってきてくれた。
この「ま」は「ごちそうさま」らしい。
「どうもありがとうね。」と言ってお皿を受け取ったら、「てっ!!」だって。
おそらく「どういたしまして」の「て」ではないかと。
ちなみに長男はかなりの間「どういたしまして」がうまく言えず「どういたまって」と言っていた。

こんな調子でもいつの間にか普通に話せるようになるんだよね。
長男の時もそうだったし。
幼児語ってのはなかなか面白いもんだよ。

あ、そうだそうだ。
この前長男が幼稚園で習った歌を大きな声で歌っていて大笑いしたっけ。

「しわあせなら手をたたこっ!しわあせなら手をたたこっ!」

って歌っててね。
「そりゃ”し・あ・わ・せ”だよ。」と言ったら、照れ笑いしてたよ。
かえって「しわあせ」の方が良いにくいような気がするけどねー。
[PR]

by katamon | 2009-03-12 12:05 | child-rearing